バレないように借りたい

バレないように借りたい!

家族や友人、金融会社からであろうと、誰かからお金を借りているというのは聞こえの良いものではありません。そのため、ほとんどの方は借金をしていることをできるだけ隠しておきたいと考えます。

 

現在ではインターネットからの申し込みが主流であるため、電話や郵送、直接店舗まで行くなど人目に触れるようなことは少なくなりましたが、それでもカードの郵送や電話連絡など、不安に感じる点は少なからず残っています。

 

カードローンの申し込みや利用を誰にもバレずに行なう方法はあるのでしょうか?

 

在籍確認で借金はバレる?

カードローンを申し込む方にとって、勤務先にかかってくる在籍確認の電話ほど回避したいものはないかもしれません。

 

在籍確認が来るタイミングは申込者には分からず、自分が退席している間にこられたら会社にバレてしまうと考えるからです。しかし、こうした在籍確認は、借金が周りにバレないように必ず配慮してくれます。

 

消費者金融であれば個人として電話をかけてきます。

 

銀行は銀行名を名乗りますが、カードローンの話とはあまり思われないようです。
しかし、それでも不安は残るでしょう。そのような場合は、銀行名を名乗らないで欲しいと事前に伝えておくと良いでしょう。

 

また、金融会社によっては、一定の条件を満たすことで電話連絡をせずに別の方法で在籍確認を行なってくれるところがあります。

 

バレないように融資してもらう

カードローンを契約すると、融資は口座振込かカードを自宅まで発送してもらう必要があります。口座振込は利用者の口座に振り込まれるので、自分以外の家族が口座を管理しているというのでもない限り、バレることはあまりないでしょう。

 

しかし、振込ではなくカードが欲しいとなるとどうでしょうか?

 

基本的にカードの発送もある程度配慮がなされています。
それでも不安な場合は、インターネットで申し込み、審査に通ったと連絡が来た後、自動契約まで行き、そこでカードを発行してもらうことができます。

 

必ず本人確認書類と、金額によっては収入証明書を持参しなければなりませんが、外出したついでに取りに行くことができるので、バレる可能性を低くすることができます。

 

問題を起こせばバレる可能性が上がる

申し込みの段階でどれだけ気をつけていても、利用中に何らかのトラブルを起こせば家族にバレてしまう可能性はでてきます。

 

例えば、返済を延滞すれば電話(大抵の場合携帯電話)に連絡がきます。
その際、誰かにやり取りを聞かれればバレてしまう確率は上がるでしょう。
延滞を繰り返す、あるいは長い間支払いを行っていない場合は郵送で督促状がきます。

 

バレないようにするためには自分がしっかりする必要がある

借金していることをバレないようにするためには、自分自身が細心の注意を払って、しっかり管理する必要があります。

 

自分が求めていることをきちんと金融会社に伝えたり、郵送物の管理を家族任せにしないようにしたり、借金を無駄に浪費しないようにしたり、忘れずに支払いを行ったりなど、先々のことを考えながらうまく管理していく必要があるのです。