無収入だけど借りられる?

無収入だとローン申し込みはできない?

お金がないからカードローンに申し込もう。
このように考える方は今でも少なくありません。

 

しかし、2010年に法改正されて総量規制が導入されてからは、申込者本人に安定した収入がなければ、借り入れができなくなりました。これにより、今まで配偶者または親の収入で借り入れできていた方々は、カードローンやキャッシングを利用することができなくなりました。

 

なぜ総量規制で借りられなくなったのか?

総量規制とは、出資法と貸金業法で乖離のあった金利を統一し、申込者の年収の3分の1以上の融資を行なわないなど、利用者と賃金業者がお互いに無理な借り入れ・貸し付けを行なわないようにする規制です。

 

この年収による限度額の縛りにより、収入がないと融資してもらえないという状態になってしまっており、専業主婦・主夫や学生などはキャッシングやカードローンが利用できなくなったわけです。

 

総量規制は銀行には影響しない

総量規制は、賃金業法による規制です。
つまり、影響するのは消費者金融や信販会社などで、銀行業法下にある銀行の金融商品は影響を受けません。

 

ただし、銀行も総量規制を参考にして金利や融資金額などの設定を行なっているため、初回でも確実に高額融資をしてくれるといったことはありません。また、総量規制には例外と除外というものが存在し、賃金業法下にあっても総量規制対象外の商品も存在しています。

 

対象外だから自由というわけではない

銀行で提供されている金融商品以外で総量規制対象外となるものはそれなりにあります。
例えば、住宅ローン、自動車ローン、おまとめローン、緊急を要する高額な医療費などさまざまです。

 

その中に、夫婦の収入を合わせた年収の3分の1までの融資という項目があります。
つまり、専業主婦・主夫でも配偶者に収入があれば借り入れできる可能性があるということです。

 

しかし、ほとんどの金融会社は、利用者本人に収入があることを絶対条件としているため、収入がない主婦・主夫は基本的には借りることができません。

 

収入がなくても借りられるところは絶対にないのか?

ほとんどの金融会社では、申込者本人に収入がなければお金を貸してはくれません。
しかし、本当にわずかですが、一部の銀行では配偶者に収入があれば少額での融資に対応してくれるところがあります。

 

融資金額は30万円から50万円程度となっているので、大きな金額を借りられるわけではありません。しかし、自分に収入がなくても配偶者の収入で借りられるところが少しでもあるのは心強いでしょう。

 

残念ながら学生の場合、親の収入を充てにして借りることはできません。
そのため、アルバイトを始める、親に教育ローンを組んでもらう、奨学金を利用するといった方法で対処するしかありません。